お問合せお客様の声

ブログ

【激安】部屋や室内ドアの建て付け修理、扉の立て付け修理

ドアの修理 蝶番 建付け 東京都

江戸川区「町の便利屋なんでもゆたお」のゆたおです!
江戸川区を中心に、東京都や関東の様々な場所に出張し町の皆さんの「困った!」を解決しています。

【激安】江戸川区で室内ドア(扉)の建付け修理や調整

こんな事で困っていませんか?
「部屋のドアが閉まりにくくなっていて建て付けの修理して欲しい…」
「扉が歪んでいて立て付けを直して欲しい…」
「子供が開き戸で遊んでいるせいか開き戸の立て付けが悪くなった。開き戸の建て付けの修理して欲しい。」
「玄関ドアが開閉しにくくなってきたので、今のうちにドアの建付けを調整してほしい」
町の便利屋なんでもゆたおには、こんなお問合せやご依頼をよくいただきます。

ドアの建付けに関する困り事は生活にも支障をきたしますので、すぐに何とかしたいものですよね。

ドアの建付け修理を激安で!

激安でドアの建付け修理 江戸川区 東京都

業界最安値の6500円から!
出張費無料エリア内であれば出張費も無料!

ドアの建付け(蝶番)修理や調整 6500円

※上記料金は蝶番(ちょうつがい)の調整などで直る場合に限ります。
※こちらの作業は単品メニューの料金となります。
※状態によりドア本体の交換が必要になる場合は別途ご相談となります。
※ドアを丸ごと交換する際のドア本体はお客様側で事前にご購入いただいております。
ドア本体の購入代行を希望の際には、日程の調整と本体の購入代行費用等が発生致します。

「ドアの建付け修理をして欲しい!」「ドアが故障した!」
「ドアの開け閉めに問題があり相談したい」「蝶番を安く修理してほしい」

というあなたは今すぐお気軽にご連絡ください。

お問合せ 便利屋

ドアの開け閉めができなくなり閉じ込められるかも・・という不安

扉の蝶番を修理 調整 便利屋

以前頂いたお問合せで、こういった内容のご依頼を頂いたことがあります。

「突然、部屋のドアが閉まりにくくなりました。ドアを開け閉めする際に、枠に引っかかっているような気がしますので見て欲しいです。今は何とか扉の開け閉めは出来ていますが、重度の障害があり、もしも部屋の中で閉じ込められたら怖いので、ドアの建て付けなどを修理して欲しいです。」

ドアのたてつけが悪い時、特に身体的に移動が困難な方などの場合は、とても怖いですよね。深夜に急にドアや扉の開け閉めができなくなれば、周りの人に連絡することも難しくなり、大変な思いをしてしまいます。一般的にドアの建て付けが悪い時などは、このまま使っていると傷がついてしまうのではないか、ドアごと壊れてしまうんじゃないかと心配になる事はありますが、上記のお問合せのように、高齢者の方や障害のある方ですと、閉じ込められてしまうのではないか?という不安があります。

いざドアの建付けや不具合を自分の力でなんとかしなくてはと思い、「ドアの建付けが悪くなった原因や適切な修理方法がわからない」「身体的にドアの調査や修理が困難」「扉の故障の対処法がこれで合っているのか不安」など、困った事になってしまう方がとても多いです。

ドアの建て付けが悪いと、生活の中で不便に感じるだけではなく、怖い思いをしてしまう方が沢山いらっしゃいます。なるべくそういった不便や怖い思いをしないように、安心して毎日を過ごせるように、町の便利屋としてお手伝いをしたいです!

お問合せ 便利屋

ドアが故障!?建て付けが悪いときの修理や調整内容は?

なんでも屋 江戸川区

主に、蝶番(ちょうつがい)の調整による修理を行っています。
ほとんどありませんが調査の結果、ドアごと交換が必要な場合には、修理が出来ない場合がございますので、ご了承ください。

部屋のドアの建付けが悪くなる原因は様々です。室内ドアは生活の中で毎日行ったり来たりする部分ですので
この室内ドアの調子が悪くなるとストレスにもなりますよね。扉などは毎日使いますので長年住んでいる事によって
徐々に室内ドアの立て付けが悪くなることがあります。

ドアの建付け修理やドアの建付け調整など、ドアに関するトラブルは、東京都江戸川区の便利屋なんでもゆたおに!
「ドアを丸ごと交換するので、取り付けをして欲しい。」という場合にもお気軽にご相談ください。

東京都江戸川区小岩の便利屋

江戸川区 便利屋

なんでもゆたお
江戸川区の便利屋
TEL.03-6868-5370
営業時間 7:00~23:00
※ご予約優先制となります。

主な対応エリア

東京都江戸川区小岩本一色興宮町鹿骨篠崎大杉松本松江葛飾区新小岩細田奥戸鎌倉
高砂墨田区立花八広 京島 押上江東区大島猿江毛利東砂北砂海辺千葉県浦安市
堀江猫実北栄松戸市矢切小山当代島市川市真間国分国府台新田曽谷須和田

関連記事

ページ上部へ戻る